薄毛への誇りは、負けません。
ホーム > 育毛 > 育毛とヘアサイクルの関係とは?

育毛とヘアサイクルの関係とは?

髪の毛は育毛することでより太く強い髪の毛が生えてきます。

髪が育つにはヘアサイクルというものがあり、成長期、後退期、休止期というサイクルを4年から6年かけて繰り返します。

成長期には髪の毛が育ちますがこの期間が長いほど太く強い髪が育つことになります。育毛するにはこの成長期が大切なのです。

しかしいつまでも成長するわけではなく、やがて後退期をむかえます。そして成長が止まってしまう休止期をむかえます。この段階で髪の毛が抜けるわけでなく、毛根から次の髪の毛が生えてくることで抜け替わるのです。

髪の毛が抜けやすくなる、ボリュームがなくなるのはこのヘアサイクルが乱れてしまうためです。その原因として男性ホルモンや生活環境の変化があると考えられています。

例えば生活環境が変わってしまうことによって頭皮の血行不良を起こしてしまうのです。髪の毛は血液から栄養分を得ているのですが、血行不良によって髪に十分な栄養がいきわたらずにヘアサイクルが乱れてしまうのです。

このサイクルが乱れると細く弱い髪の毛になり抜けやすい状態になるのです。育毛をするにはまずこのサイクルを正常に戻すことです。その結果髪に栄養がいきわたり成長期が長くなり太く強い髪の毛がそだつのです。

そういったことを理解した上で、育毛剤やシャンプーを選ぶと効果的です。ちなみに私のおすすめは口コミで効果があるとされるチャップアップです。