薄毛への誇りは、負けません。
ホーム > 健康 > イマークでできること。それは健康を維持すること。

イマークでできること。それは健康を維持すること。

若年層で長期間咳が続く結核(けっかく)に対抗する抵抗力、即ち免疫力を保有しない人々が増加していることや、受診の遅れなどが原因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染が増えています。
くしゃみ、鼻みず、鼻づまりに目のかゆみ・異物が入っているような感じなどの花粉症の辛い諸症状は、アレルギーを誘引する花粉の放出量に追従するかのように酷くなるという特徴があるそうです。

悪性腫瘍の一種である卵巣がんは、通常ならヒトをがんから護る作用をする物質を生成するための鋳型のような遺伝子の不具合によりかかってしまう病気だということが分かっています。

細菌やウィルスなどの病気を生み出す病原体が肺へ進入し発病し、片方もしくは左右両方の肺が炎症を起こしてしまっている病状を「肺炎」と称しているのです。

「肝機能の衰退」は、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3つの数値で判断することができますが、最近では肝臓の機能が低下している日本人の数が徐々に増加しているということが注目されています。


胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食事の欧米化や煙草を吸う事・お酒を毎晩飲む事・体重過多などのライフスタイルの悪化、ストレスに縁り、今日本人に患者が多い疾患の一つです。
エイズはヒト免疫不全ウイルスの感染によって罹患するウイルス感染症の病名で、免疫不全を起こして些細な細菌などが原因の日和見感染や悪性腫瘍等を複数発症する病状を指し示します。

70代以上の高齢者や慢性的な持病を持っている方は、際立って肺炎を発症しやすく治るのに時間がかかる傾向が見られるので、予防策の徹底や早めの手当が肝要です。

脂漏性皮膚炎は皮脂分泌の異常により出現する湿疹で、皮脂の分泌異常の原因としてステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンの均衡の崩れやビタミンB群の慢性的な不足などが考えられます。

杉の木の花粉が飛散する季節に、お子さんたちが体温は平常なのにしょっちゅうクシャミしたりサラサラした鼻みずが止まない時は、もしかしたら杉花粉症の可能性が高いかもしれません。


もしも婦人科の血液検査でやはりエストロゲンなどの分泌量が基準値よりも足りず早発閉経(早期閉経)だと分かったら、不十分な女性ホルモンを足してあげる治療等で改善が望めます。
素人が外から眺めただけでは骨折しているかどうか分からない時は、痛めてしまったところの骨をゆっくり触ってみてください。その部分に激しい痛みが走れば骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。

クモ膜下出血はその8割以上が「脳動脈瘤」という脳の血管にできる不要なこぶが破裂して脳内出血する事が要因となって発症する脳の病気だということを多くの人が知っています。

インフルエンザ(流行性感冒)に適応した効果的な予防法や医師による治療も含めた必須とされる措置そのものは、それが例え季節性インフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザであっても一緒なのです。


アルコールをクラッキングする力のあるナイアシンは、ゆううつな二日酔いに極めて有効です。ゆううつな二日酔いの因子とみられるエタナールという物質のクラッキングにも作用します。→イマークについて